1歳赤ちゃんのおもちゃ

赤ちゃんが喜ぶ読み聞かせをしましょう!

赤ちゃんというのは実に日々成長をしていくもので、ハイハイをおこなうようになると実に目が離せなくなります。

かといって、ずーっと赤ちゃんにつきっきりという訳にもいかないのですが、赤ちゃんが安全に過ごせるようにきっちりと見守っていく必要があります。

さて、赤ちゃんというのは実に好奇心が旺盛ですので、物珍しいものを与えると喜びます。

赤ちゃんの好奇心をくすぐるような遊び道具を与えると喜ぶものです。

しかしながら、遊び道具ってお金がかかりますよね。

安めの遊び道具ならまだいいですが、ちょっと凝ったような遊び道具ですと1万2万は平気で超えます。

そういった遊び道具を与えるのもいいですが、お金をあまり掛けずに赤ちゃんとコミュニケーションがとれるといったら、絵本の読み聴かせがあります。

絵本には、当然赤ちゃんが喜びそうな絵や、言葉等が書いてありますので、絵本を開いただけでも大喜びします。

まだ月齢が低めの赤ちゃんですと、しかkりとおとなしく聞いているというこてゃ出来ないですが、絵本を読んで、この絵は何を表すのか、同様の言葉を何度も言い聴かせることでも、赤ちゃんの成長に大きな影響を与えてくれるものです。

近頃の絵本には、言葉が書いてない絵本もあるんですよ。

それって、絵本なのぉ~!?とおもう方もいらっしゃるでしょうが、立派な絵本なんです。

その絵を見ながら、この絵は何の絵なのか、この絵は何を訴えているのか等、ママが解説してあげることでもイイのです。

1歳くらいの赤ちゃんにはどんなおもちゃがいいの!?

赤ちゃんの成長って実に早いもので、生まれたばっかりの頃はただ寝ているだけで、殆んど機動もしなかったのに、首がすわり、腰がすわり、お座りが可能なようになって、ハイハイを行なうようになって・・といった具合で、ちょっとまったという時間もないくらいに、日々成長していくものです。

つい先日までは寝ていただけなのに、もう活発に機動まわる・・なんてのが赤ちゃんですよね。

赤ちゃんの成長は実に喜ばしいことで、ぞくぞくと大人を喜ばせるような成長ぶりを見せてくれます。

そういった赤ちゃんですが、様々なものに関心を持ち始めます。

ハイハイをし出したりしたら、下手に赤ちゃんの手の届く所にリスクなものを置いておけなくなります。

赤ちゃんは、実に好奇心旺盛で、早速に口に入れたがるので、赤ちゃんの口に入りそうなものはそばに置かないこと!これが赤ちゃんのいるご身内では鉄則となってきます。

さて、赤ちゃんの1歳のお出現日にはどんな遊び道具をオーダーしてあげたいですか!?実に日に日に成長していくので、その月齢に存在した遊び道具を与えてあげることが一番ですよね。

1歳というと、早い子はもう歩行始めていますね。

遅くても1歳3ヶ月くらいには歩行始める子が沢山でしょう。

まだよちよちの赤ちゃんを一人で歩かせるのは、リスクですので、そこで役に立つのが歩行器です!赤ちゃんのおぼつかない「あんよ」を歩行器が補助してくれるのです

1歳になってまだつかまり立ちくらいしかできなかったり、歩行もおぼつかない赤ちゃんでしたら、願わくは歩行器をおススメします!

赤ちゃんのおもちゃ選びは月齢に合ったおもちゃを!

生まれたばっかりは、ねんねばっかりをして、泣いたりおっぱいを飲んだりとその繰り替えしだった赤ちゃんが今はもうたっちをし出して、そろそろ歩行そうなくらいにまで成長をした。

そういった赤ちゃんはきっともう初めてのお出現日を迎えるくらいの赤ちゃんですね♪赤ちゃんにはその時の月齢に存在した遊び道具を与えるのが一番です。

もうねんねを殆んどしないという赤ちゃんには、ガラガラを与えてもあまり訳がないというか、そのときの赤ちゃんの成長に存在した遊び道具を与えるのが良いかとおもいます。

赤ちゃんが1歳になるころには、実に好奇心旺盛な時期で、早い子だと少しばかりお話を始める子もいるかも知れません。

好奇心旺盛ですので、ますます赤ちゃんからは目が離せなくなりますよね。

そういった好奇心旺盛な1歳の赤ちゃんにバツグンの遊び道具って何があるのでしょうか。

1歳頃になると手先が器用になり、見ることと手指を動かすことが連動しはじめます。

手指を動かすことによって脳が刺激され、こどもの成長を促す効力もあるのだといいます。

将来有望なこどもにする為にも?積極的に手指を動かせるような遊び道具は、こどもの成長をバックアップしてくれますのでおススメの遊び道具です。

ひとり歩行が出来るようになると、次第に歩行方も安定し、公園等屋外でも遊べるようになりますね、。

イロイロな機動が出来るようになると、運動キャパシティも拡大しますので、大きな運動につながる遊び道具もおススメです。