産み分け

子供の性別で産み分けって出来るの?

結婚して赤ちゃんがあったら嬉しいと思った時、「男児がいいなぁ」「一番目は女の子かなぁ」とか男児と女の子、どっちが産まれるか想像するのは自然の事でしょう。

後継ぎを産まなければならない等、赤ちゃんの性別が産み分け出来たら良いなとおもう人も少なく無いでしょう。

もし赤ちゃんの産み分けが出来たら如何でしょうかですかか。

きっとそうした問題に悩んでいる人には朗報でしょう

でも現実に問題、赤ちゃんの性別を産み分けるなんて出来るのでしょうか。

ノーマルに考えたら、男女の産まれる確率は50%ですよね。

これに世間一般的な産み分け方式を実践する事でちょっと確率を増やす事が出来るやうです。

また産婦人科医の指導を受けるとより一層確率を増やす事が出来るやうです。

しかしながら確率を増やす事が出来ても絶対に100%の確率の確率で産み分けを達成させる事は出来ません。

人間が赤ちゃんを産む事は神秘的な物で、それを人間が操るなんて事は出来ないからです。

ではどんな方々が赤ちゃんの産み分けをしたいとおもうのでしょうか。

その理由を一部ご紹介してみましょう。

「長男だから後継ぎとして男児があったら嬉しい」「一人目というのは違う性別の赤ちゃんがあったら嬉しい」「色んな事情で一人しか産む事が出来ないので希望する性別の赤ちゃんがあったら嬉しい」「女の子の方が育て易いと聞いたし女の子の方がかわゆい衣類を着せられるから女の子があったら嬉しい」「自分の配偶者が性別を希望しているから」等、色んな事情が有ります。

絶対産み分けが出来るというのは言い切れませんが挑戦してみても良いかも知れませんね。

産み分けは夫婦の共同作業なのです

赤ちゃんの性別の産み分けをおこなうには、妊娠のシステムやボディーのシステム、男性側の精子のシステム等、色んな知識を持つ事が必要となってきます。

絶対に産み分けをしたいと強力に望むのであるのなら夫婦が一丸となって協力して実行していかなければなりません。

もしどちらか片方だけが産み分けをしたいと願っても、片方にその気が無いと挑戦する事さえ出来ないかも知れないのです。

もし産み分けをしたいのであるのなら、夫婦でよく話し合い協力し合うという志向を持つ事から始める必要が有ります。

インターネットを見ると赤ちゃんの産み分けに対してどうすることで良いとかいっぱい記載されています。

そうした事にも夫婦供に取り組んでいく事がたいへんたいせつなってす。

でも夫婦が一丸となって協力して産み分けをしたからと言って必ずしも希望する性別の赤ちゃんが産まれてくるというのは限りません。

赤ちゃんが授かるのは奇跡的な事で、依然として人間が把握出来ない神秘的な所も有るからです。

意気込むのも良いですがあまり追い詰められすぎない様に、達成したらラッキー位におもう様にして実行していきましょう。

赤ちゃんの性別を最終的に決めるのは親になる人では有りません。

赤ちゃんが望んで、あなた方夫婦の元に産まれてくる目的で色んな試練を乗り越えてこの世に出現してくるのです。

産まれてきたら性別にこだわるのではなく、例え希望と違っていても心から祝福してあげる様にして下さい。

それが夫婦の共同作業ですのです。

産み分けをする前に妊娠の仕組みについて知っておきましょう

赤ちゃんの性別がお母さんの腹部のなかで決まるのはいつ位の事かお分かりでしょうか。

妊娠して赤ちゃんの形になってから決まると思っている方もいるかも知れませんが、精子と卵子が受精したその瞬間に性別が決まると言われているのです。

つまり妊娠した瞬間に性別がどちらか決まってしまうという事になります。

ですので赤ちゃんの性別を産み分ける目的では、妊娠はどんなシステムで成立するのかシステムを知っておいた方が良いとおもうのです。

妊娠は精子と卵子が受精して成立します。

これは皆さんがお分かりの事だとおもいます。

この精子は男性側はいつでも提供出来るのですが、女の人側の卵子は約1ヶ月に1回、生理と生理の間に起こる1回の排卵日の時だけ提供出来るのです。

この時機で受精が出来たケースでは、子宮に受精卵が到着するまでに1週間で子宮内膜に無事に着床する事が出来たら妊娠成立という事になります。

そうなると排卵日さえ予測出来ることなら妊娠する事自体難しくはないと捉えてしまうかも知れませんが、排卵日に受精したとしても受精卵が着床する確率は2~3割くらいと低めののです。

その上排卵日を予測して産み分けをおこなうのはかなり難しい事である事がお分かりいただけるとおもいます。

ですので妊娠のシステムをよく知り、把握し、排卵日を予測し、妊娠出来る環境要素のなかで産み分けする方式を試してみるという事なってす

そして女の人だけじゃなく男性もきちんと把握していただけたらとおもうのです。