産み分け

産み分けをする問題点について

ちびっこがあったら嬉しいと願っている夫婦ですが、古代も今も変わること無くに色んな理由で産み分けを望んでいるとおもいます。

そして以後も産み分けを望む人が後を絶たない事も予測出来ます。

今のこの時代、色んな方面、各カテゴリーで医療は発展してきています。

しかしながら産み分けに関連しては比較的研究が進行していない様にも感じ取れるのです。

何故ならば命を授かるという尊い行為を人為的にコントロールしてはいけないという考えが有るからです

こうした考えから以後も急速な発展は期待出来ないかも知れません。

これは産み分けを期待しているご夫婦にとっては衝撃的な事ですよね。

この時代には色んな産み分け方式が有りますが絶対産み分けが出来るという方式は存在しません。

産み分けを希望する中には、後継ぎ問題で男児を産まなきゃならないと悩んでいる方、病気の遺伝を回避したいという考えの方等色んなおもいで産み分けを望んでいるとおもいます。

こうした問題を抱えているのであるのなら一度産婦人科に行って産み分けにかんする指導をしてもらうと良いですよ。

今まで悩んでいた事がスッと晴れるかも知れませんよ。

また特に何の問題も無いけれど産み分けをしたいという方のケースではは深刻で無い方もいるとおもいます

結局はどちらでも産まれたなら良いわという感じならば、自然な産み分け方式に挑戦して無理が無い様にしましょう。

産み分けは人間のエゴかも知れません。

それでも産み分けがしたいと考えるならば問題点とかも十分考慮した上で取り組んでみては如何でしょうかでしょうか。

夫婦で守らなくてはならない事

夫婦二人の協力無しには産み分けは達成も実現もしません。

産み分けをおこなうケースではは、夫婦揃って同じ目標を持っている事を自覚しなくてはいけないのです。

そして片方だけが苦しむ様な事が無い様にしないといけません。

そこで産み分けに対して夫婦で守ってあったら嬉しい事を挙げてみたいとおもいます。

先ずは目標を「産み分け」にするのではなくて「妊娠」を第一目標にする様にしましょう。

こうしておかないと、希望の性別じゃない赤ちゃんが産まれたケースでは、喜べないし愛情も沸かないという事になる見込みも出てくるのです。

こんなようでは赤ちゃんが余りにも可哀やうです

ですので妊娠する事を目標として、出来ることならそれにプラスして希望の性別だったら良いなという感覚で望んで下さい。

次に今あなたは妊娠出来るボディーでしょうか。

もし不妊に悩んでいるのであるのなら産み分け昔に不妊治療を行なう様にして下さい。

産み分けをおこなうと妊娠するチャンスが激減します。

不妊ならばより一層妊娠する機会が減ってしまうのです。

ですので不妊治療をして妊娠出来る有り様を創り出す事がたいせつですのです。

最後に夫婦揃って納得した上で産み分けをして下さい。

産み分けをおこなう際には性交渉の時機も制限されますし、体位も制限されます

道具を利用する事も有ります。

苦痛と感じ取れる方もいるでしょう。

そうした際にお互いが納得していれば支え合う事が出来ます。

片方が納得していないと夫婦間に亀裂を生じさせる結論になる見込みも否定出来ません。

夫婦2人が納得して行なう事、それが産み分けですのです。

産み分けの仕組みについて知っておこう

産み分けのシステムを知る事でより産み分けに取り組む事が出来るとおもいます。

具体的にどういうシステムで性別が決まっていくのか整頓してみましょう。

先ずは精子にはY精子とX精子の2種別の精子が存在します。

このどちらかの精子が卵子と受精する事で性別が決まるというシステムになっています。

もしY精子が受精して着床したら男児が産まれますし、X精子が受精して着床した場合女の子が産まれるというシステムだやうです。

こう考えると性交渉をして男性が女の人の膣内で射精をし、受精して着床した瞬間に性別が決まってしまうという事ですのですね。

精子の機動としてはアルカリ性のなかにいる分には活発に機動ますが、酸性の環境要素下では機動が鈍くなる事が分かっています。

精子の種別によってですが酸性に比較的強いとされているのが女の子が産まれるX精子、アルカリ性で活発化するのが男児が生まれるY精子だやうです。

女の人のボディーでは膣内が酸性で、子宮にいくとアルカリ性になります。

排卵日直前は膣内が酸性度合いを緩めてきますので、Y精子も弱まらずに子宮内に行く事が出来ますので男児が生まれる見込みが段階UPので、排卵日当日に性交渉した場合男児が生まれる見込みが高くなると言われています。

より一層Y精子は寿命が1日しかもたない、X精子は3日間程寿命が有ると言われています。

もし女の子があったら嬉しいケースではは排卵日の2~3日前に性交渉をおこなうと、排卵日当日にはY精子が無くなっていてX精子が残っているという事になりますので女の子が生まれる見込みが高くなるという事になります。