産み分け

女の子の産み分けについて

女の子があったら嬉しいから産み分けしたいというケースでは、男児の産み分け方式を知る事から始めてみては如何でしょうかでしょうか。

男児を産み分ける時は男児が出来易い様な環境要素を作ってあげて挑戦します。

対して女の子を産み分ける時は男児が出来ずらい環境要素を作ってあげて挑戦するのです。

面白いですね。

女の子を産み分ける時は女の子が出来易い環境要素を作ってあげるという感覚ではないのですね。

先ずは妊娠しずらい環境要素を創ります。

これは少なくても妊娠出来る環境要素でも有るのですが、そういった環境要素では男児を作るY精子が生き残りずらいのでいなくなってしまうのを待ちます。

そしていなくなった所で女の子が出来るX精子は強いので生き残っているとおもいますのでその精子で妊娠させるという考え方になります。

こういう考え方で女の子の産み分けをおこなうケースでは、元々妊娠しずらい環境要素を作っていますので妊娠自体しずらい事も頭に投入しておきましょう。

こうした産み分け方式を1年以上実行していても妊娠さえしないのであるのなら一度止めてボディーを自然な有り様に戻す事も時には必要です。

また女の子を産み分ける時には時機も有ります。

排卵日の2日前が最良の様です。

排卵日2日前って予測しずらいとおもいますし、排卵日じゃないので妊娠しずらいかも知れませんが、X精子とY精子の寿命を考えての時機でも有るそうですので女の子の産み分けをしたいと思っている方は願わくは挑戦してみて下さい。

女の子の産み分けのコツ

どうしても女の子の赤ちゃんがあったら嬉しいという事も有るでしょう。

女の子産み分けにいくつかこつが有るみたいですのでちょっとご紹介してみましょう。

但しここでご紹介する産み分けのこつに科学的根拠は有りませんので参照くらいに見て下さい。

男児を作るY精子は熱に弱いやうです。

その為体温を上げる事でY精子を節減させていこうとおもうのです。

バツグン目の服を着たりお風呂に入ったりするのも良いですね。

但しやり過ぎない様にして下さいね。

また神経が過敏になるケースでは、膣内が酸性になりやすく女の子を妊娠し易い環境要素になると言われています。

Y精子が酸性に弱いからだと言われているからです

こうした酸性の環境要素を作る目的で適度な心理的負荷有り様になれば良いやうです。

また男児を作るY精子は酸性に弱いとされている為、膣内を酸性にする事で女の子が出来易い有り様を創り出してくれます。

その為に食酢を利用して膣内洗浄をおこなうと良いと言われています。

ぬるま湯1リットルを仕度します。

そのなかに大さじ2杯くらいの食酢を創り、それを利用して洗浄します。

また面白い事に旦那さんがしているお勤めによっても産み分けがされるやうです。

こうした事の理由は明らかでは有りませんが、きっと何らかの原因が有るとおもわれます。

この様に女の子を産み分けするこつを利用して誤りしても良いという感覚で実行してみて下さいね。

決してやり通り越したりおもい詰めたりし過ぎないで下さいね。

心理的負荷がたまって上手く行く物も行かなくなるとおもいますよ。

女の子の産み分け方法【ピンクゼリー】

ピンクゼリーは女の子を産み分けたい時には利用する機材になります。

こればゼリー状になっている物で、セックス前にシリンジという物を利用して女の人の膣内に挿入して使います。

これによって膣内を酸性の環境要素に創り上げますので男児を作るY精子が節減して女の子を作るX精子だけを子宮に送り出そうという考えで創られている物です。

開発されたのはイギリスでイギリスではピンクゼリーではなくてチョイスと言っているやうです。

膣内に挿入しますのでニホンでは産婦人科の指導処方が必要になります

ドラッグストア等では気軽に買えませんので真剣に女の子を産み分けしたいという方にお奨めです。

病院以外で手に入れたケースではは衛生面が不安ですので使わない事をお奨めします。

具体的にピンクゼリーをどう利用するか詳しい扱い方は産婦人科で聞いて下さい。

容易にここでは解説してみたいとおもいます。

冬季場はピンクゼリーに利用されているゼラチンが固まってしまいますので初めに温めてから利用する必要が有ります。

準備が出来ましたら初めに指導に合わせた分量のピンクゼリーを付属のシリンジに取って下さい。

女の人は腰の下あたりにクッションを投入してゼリーが膣から流れ出るのを防ぐ環境要素を創ります。

膣内の奥の方にシリンジを投入してピンクゼリーを挿入して下さい。

もし入れにくかったらシリンジの先端にもピンクゼリーを塗ってみて下さい。

入れたら足を閉じて膣内でピンクゼリーが馴染むのを数分間位じっとして待ちます。

性交渉の際は女の人に刺激をなるべく加えない様な感じで行って下さい

女の子の産み分け方法【パーコール法】

人工受精で男女の産み分けをおこなう方式も有ります。

その中の1つ「パーコール法」は女の子を産み分けしたい時に利用する方式になります。

パーコール液に男性の精子を入れます。

そして遠心分離器にかけると精子がX精子とY精子に分かれます。

女の子が出来易いX精子だけを採取して子宮に投入するという方式でおこなわれています。

この方式は画期的なんじゃないかとおもわれましたが、安全性という理由からニホン産婦人科学会では1994~2006年までパーコール法を行なう事を禁じていたやうです。

今はX精子とY精子が完全に分離される科学的根拠はないとして厳禁が撤回されていますが容認はしていないという現状の様です。

但し厳禁はされていませんので産婦人科ではパーコール法を再開している所も沢山やうです。

また医療としての産み分けはニホンではおこなわれていませんので絶対パーコール法で女の子が産まれるというのは言いずらいですが、かなりの確率が有るのはお分かりいただけるとおもいます。

性別が分かるのは妊娠してから超音波検査をした時になりますのでその間は不安かも知れません。

不妊ではなくて女の子があったら嬉しいという理由で人工受精をおこなうのですので当然の不安でしょう。

お金もかかりますしダメだった際の落胆振りも相当な物だと予想されます。

パーコール法を行なう際は実にそこまでして女の子があったら嬉しいのかよく検討をし、それ以外の女の子の産み分け方式ではなくてパーコール法じゃなくってはならない事も考えて行なう様にしましょう。