産み分け

男の子の産み分けについて

排卵日を予測する事が男児を産み分けする目的で絶対的に欠かせない事だやうです。

男児を産み分けする時機は排卵日であるからという理由から来ているのですが、排卵日を特定させるのは難しく、大体特定出来る様になるまで基礎体温を測ったり排卵チェッカー等を使ったりしても大体3ヶ月位は最低かかると言われています

排卵日以外は男児の産み分け時機以外という事になりますので避妊をおこなう様にしましょう。

当然排卵日以外でも男児を妊娠する見込みが有りますが、産み分けという見地で行なうなら排卵日を特定させた方が良いでしょう。

先程も書きましたが、男児を妊娠する時機は排卵日であると言われています。

男児を作るY精子の寿命が1日しかないという事、女の子を作るX精子と比べてY精子の方が量も沢山し活動的であるという事が理由として挙げられます。

女の子を作る時機が排卵日の2日前という事ですが、男児は排卵日当日で良い時機になります。

こうした理由から男児の産み分けの方が女の子の産み分けよりし易いと言われているのです。

当然デメリットは有ります。

一定グレードY精子の方が活動的だからY精子の方が受精する確率は高いですが、一斉にX精子も受精しようと頑張りますので負けてしまう見込みもあるというデメリットが有ります。

ですのでY精子が有利になる様な環境要素をいくつか作ってあげる事が男児を産み分け出来るこつなってはないかとおもうのです。

男の子の産み分けのコツ

男児を産み分ける目的では、精子の数が沢山程確率が高くなると言われています。

但し旦那さん側の体温が高いと精子が弱くなってしまったり、死んでしまったりします。

そのなかでもX精子が生き残って妊娠したケースではには女の子が産まれる確率が高くなる様です。

旦那さんの体温が上がらない様にする目的ではゆったりめの衣類を着る様にして体温が発散出来る様にしましょう

またY精子が男児を産み分ける為の大きな鍵となってきます。

本質的にY精子はX精子と比較して活動的が有るのですが、もっと活動的にかけて男児を産み分ける様にする目的ではコーヒーが助けてくれるやうです。

コーヒーにはカフェインが含有されていますよね。

このカフェインが精子を活動的にかけてくれる働きをしているのは実証済みの様です。

その昔女の人の膣をコーヒーで洗浄して不妊治療をしていた事実も有るとか無いとか。

もし男児を産み分けたいケースでは、セックスをおこなう30分位前に濃いめのコーヒーを飲む様にしてみて下さい。

精子がカフェインで刺激されて男児を授からせてくれるかも知れませんよ

コーヒーを飲むだけで男児を産み分けられるとしたらたいへん容易ですよね。

絶対というのは言い切れませんが願わくは試してみて下さい。

こ以外にも男児を産み分ける方式は色々言われています。

中にはでたらめの情報も有ります。

数多くの方式を試してみると確率も上がります。

男児をどうしても産み分けたいのであるのならこうした方式もいっぱい取り投入してみては如何でしょうかでしょうか。

男の子の産み分け方法【グリーンゼリー】

グリーンゼリーは男児を産み分けたい時には利用する機材になります。

こればゼリー状になっている物で、セックス前にシリンジという物を利用して女の人の膣内に挿入して使います。

これによって膣内をアルカリ性の環境要素に創り上げますので男児を作るY精子が有利になる様な膣内の環境要素を創り上げ、Y精子を子宮に送り出そうという考えで創られている物です。

開発されたのはイギリスでイギリスではグリーンゼリーではなくてブルーゼリーと言っているやうです。

膣内に挿入しますのでニホンでは産婦人科の指導処方が必要になります。

ドラッグストア等では気軽に買えませんので真剣に男児を産み分けしたいという方にお奨めです。

病院以外で手に入れたケースではは衛生面が不安ですので使わない事をお奨めします。

具体的にグリーンゼリーをどう利用するか詳しい扱い方は産婦人科で聞いて下さい。

容易にここでは解説してみたいとおもいます。

冬季場はグリーンゼリーに利用されているゼラチンが固まってしまいますので初めに温めてから利用する必要が有ります。

準備が出来ましたら初めに指導に合わせた分量のグリーンゼリーを付属のシリンジに取って下さい。

女の人は腰の下あたりにクッションを投入してゼリーが膣から流れ出るのを防ぐ環境要素を創ります。

膣内の奥の方にシリンジを投入してグリーンゼリーを挿入して下さい。

もし入れにくかったらシリンジの先端にもグリーンゼリーを塗ってみて下さい。

入れたら足を閉じて膣内でグリーンゼリーが馴染むのを数分間位じっとして待ちます。

性交渉の際は女の人に刺激をなるべく加えない様な感じで行って下さい

男の子の産み分け方法【リンカル】

リンカルというのはサプリメントの事でカルシウム、鉄分、リン等が含まれたリン酸カルシウムの事を指しています。

このリンカルが男児の産み分け方式として利用出来るというのです。

元々、リンカルは男児を産み分けする目的で開発された物では有りません。

元々同等の原材料を含んだカルシウム剤が有り、それで無脳児の予防をしていたのです。

無脳児予防の臨床実験の際、出生した赤ちゃんは全て男児だったそうでそうした理由から男児の産み分けに効力的な物として使われる様になったやうです

リンカルを服用しての男子出生率の上昇は未だ解明されていませんが解明されるとすごいですよね。

女の子の産み分けに使えるサプリメントも将来的に開発されるかも知れませんものね。

じゃあ世間一般的なカルシウム剤でも産み分けが出来るのではないかともおもいますが、リンカルと一定グレードのカルシウム剤とでは原材料がちがいますし、リンカルの何の原材料が男児を産み分けする効力を出しているのか分かりませんのであまり訳が無いかも知れません。

もしリンカルがあったら嬉しいのであるのなら産婦人科に行って指導をしてもらいましょう。

リンカルの服用方式は毎日忘れないで飲む

これ程ですので容易ですよね。

注意点としてはリンカルの効力が出始めるまでに服用してから最低2ヵ月はかかるという事、途中で5日以上飲み忘れてしまった時にはボディーから効力が消えますので初めからやり直しになる事が挙げられますので注意して下さいね。

また性交渉をした時点で服用を止めるのではなく妊娠が確認出来てから服用を止める様にしましょう。

男の子の産み分け方法【コーヒー】

コーヒーを飲むだけで男女の産み分けが出来ると言われています。

性交渉を行なう30分位前に男性側がコーヒーを飲むだけで男児が授かれるという容易な物です。

カフェインが男児を作る為のY精子を活動的付けてくれるらしいのです。

こうした話は本当なのか疑問ですよね。

不妊治療ではも男性が射精をおこなう60~90分前に飲むとカフェイン効力で精子が活発化した場合して勧めています。

そしてボディーがカフェインに慣れない様に、カフェイン効力を向上させる目的で性交渉の1週間位前からはコーヒーを含めたカフェインを摂取しない様にした場合より一層効力が期待出来るやうです。

こうした理由から男児があったら嬉しいケースではは性交渉の30~90前に男性が濃いめのコーヒーを1杯飲めば良いという図式が成り立つのです。

だからと言って飲み過ぎはいけません。

飲み通り越したケースではは逆効力になる見込みも秘めていますので注意して下さいね。

コーヒーを毎日飲みすぎる位の量を飲んでいると精子に異常を出す見込みもあります。

毎日飲む方は1~2杯位が最良ではないかとおもいますよ。

逆に女の人がカフェインを摂取した場合受精卵の着床率を下げる事があると世間一般的には言われています

そうなると妊娠自体出来なくなりますので産み分けをおこなうのであるのなら、性交渉をおこなう少しばかり前あたりからカフェイン摂取を抑える様にすることで良いとおもいますよ。

コーヒーを飲んで男児を産み分けした場合いう方式に科学的根拠が有る訳では有りませんが、男児があったら嬉しいのであるのなら挑戦をしてみる価値はあるとおもいますよ