産み分け

産み分けの方法【膣洗浄】

重曹や酢を水に溶かした物を利用して膣洗浄をおこなう方式は昔から有る産み分け方式の1つです。

というのは言う物の、近頃はこうした方式よりピンクゼリーやグリーンゼリーを使った産み分け方式を取り投入する方が世間一般的になっています。

では昔おこなわれていた膣洗浄はどんな風にしていたのか解説してみたいとおもいます。

先ずは重曹ですが別名ベーキングパウダーとも呼ばれています。

焼き菓子を膨らませる目的で使ったり、洗剤替りに使ったりして大大活躍しています。

重曹の原材料は弱アルカリ性となっています。

男児のY精子はアルカリ性では活発になる為、重曹水を膣内に投入して洗浄しアルカリ性の環境要素を作って男児の産み分けをおこなう時に利用していました

次に酢水ですが酢は酸性です。

男児のY精子は酸性に弱いです。

比較的酸性でも堪えられるのが女の子のX精子です。

この為、酢水で膣内を洗浄し酸性の環境要素を作って女の子の産み分けをしていたのです。

しかしながら食酢には色んな添加物が混ざっていますのであまり衛生上好ましくないとされています。

その為産婦人科では食酢ではなく低濃さの酢酸水を利用している様です。

こうした事からも分かる様に膣洗浄をおこなう意図は膣内を酸性にしたりアルカリ性にしたりして男女の産み分けをしようという物でした。

但し水ですので直ぐに膣から流れ出てしまって高い効力は見込めないという事、自分自身でやるには衛生上注意が必要で有るのです。

この方式で産み分けをしたいのであるのなら産婦人科の指導の元で行なうようにした方が良いでしょう。

産み分けの方法【ブラジル式】

中国式産み分け法というのが有りますが、ブラジル式産み分け法というのも有ります。

まぁブラジル式占いの様な物らしいです。

母親の数え年と受胎月を表に表し、それをもって調べていきます。

案外もこの表を使った産み分け法は中国式と一緒だやうです。

女の人の子宮は2つ有るという考えが古代ギリシアでは有りました。

昔動物を解剖した際に子宮が2つ有りました。

当時は人間の解剖が出来なかった為、人間も同じであろうという考えがあったやうです。

そして右側の子宮は男児、左側の子宮は女の子という考えになっていました。

産み分けをおこなう際の考え方は男児を産みたいケースではは右側を下に向けて子宮を下にし、精子が流れる様にしていくという産み分け方式だったやうです。

また男性の睾丸は2つ有りますよね。

子宮と同様に性別の産み分けが出来ると信じられていました。

睾丸を下にした方の性別が産まれてくるのでどちらかの睾丸を縛って性交渉をおこなうという様な感じだったそうで大変なおもいをしていたんだなという事が伺いしれます。

古代ギリシアではそうした考えから母親の数え年、受胎月による表によっての産み分け方式というのは違った考えだったやうです。

現在では古代ギリシアの考え方はまったく有りませんので、ブラジル式や中国式の様な産み分け方式が出てきたり、科学的根拠に基づいて産み分けしたりという方式が出現してきているのです。

産み分けは今だけじゃなく古代から有ったのだという事が伺いしれます。

産み分けの方法【風水】

赤ちゃんを産みたいとしたケースでは、どちらの性別の赤ちゃんがあったら嬉しいと漠然とおもう事が有りますよね。

病気を心配しての産み分け以外で有るならば、風水を利用して産み分けを試してみるのも良いんじゃないかとおもうのでご紹介してみましょう。

風水というのは風、太陽、方角等の自然エネルギーを利用して運気を上げていこうという環境要素学になります、。

古代中国で生まれましたがニホンでも容易な風水を日常生活に取り投入している方が沢山です。

この風水を産み分けに利用してみるというのは如何でしょうかですかか。

先ずは子宝に恵まれる風水です。

ざくろの実、オレンジかピンクの花がラッキーグッズとなってきます、。

寝室の北側にこのグッズを置く事によって子宝に恵まれると言われています。

女の子の産み分けをしたいケースではは寝室を家の西、南西、南東に有る事、ピンクの花とキュートな女の子が描かれた絵を飾る、南枕にした場合良いやうですよ、。

男児の産み分けをしたいケースでは、寝室が家の北側、東北側、東側に有る事、白かベージュの壁にして東枕にした場合良いやうです。

どちらを産み分けるにしてもカーテンやインテリアは明るめの色を利用する様にした場合運気が上がります。

モノトーンは運気を下げますので使わない方が良いとおもいますよ。

風水を利用しての産み分けには確実性は無いですが、ハートの問題ですので「どっちの性別でも良いけど出来ることならこっちが良いな」という感じであるのなら風水での産み分けを試してみても良いとおもいますよ。