哺乳瓶ホルダー ビーボ

上の子におすすめの絵本

上の子がまだコンパクトなのに2人目が生まれると、お母さんは2人のお世話で毎日大変な生活を送ることになります。

赤ちゃんのお世話だけでも、やるこというのはいっぱいあるのに、上の子が、今までできていたことができなくなったり、わがままになったり、よく泣くようになったり、赤ちゃん返りの症状があらわれることもあります。

赤ちゃん返りの対応策としては、上の子を優先にして行動することがたいせつですのですが、上の子にとって一番辛いのが授乳の時間だとおもいます。

母乳のケースではは、今まで自分しかない為にくれていたおっぱいを取られたテンションになるでしょう。

ただ、母乳をあげている間は、片手はほぼ自由に動かすことが出来るので、上の子をハグしてあげたり頭をなでてあげたりしたケース安心しますし、絵本を読んだり手遊びしたりしたケース楽しい時間になります。

しかしながら、哺乳瓶でミルクをあげるケースではは、片手で哺乳瓶を持って、もう片方の手で赤ちゃんを抱きかかえる必要があるので、完全に両手がふさがってしまいます。

授乳の時間は早速には終了しませんし、その間、上の子と触れ合うのも難しくなります。

これによって、上の子にはさみしくて辛いおもいをさせてしまうこともあります。

そこで、おススメするのが、哺乳瓶ホルダーの「ビーボ」です。

ビーボは、赤ちゃんがミルクを飲み易い角度に哺乳瓶を固定してくれる哺乳瓶ホルダーで、手で哺乳瓶を持つ必要がなくなるので、片手が自由に使えるようなってす。

これによって、ビーボを使えば、授乳の時も上の子と触れ合えるようなってす。

授乳中ですので、体を動かしていっしょに遊ぶこというのは出来ませんが、絵本をリーディングこというのは出来るので、授乳の時間は読み聴かせをしてあげると良いです。

「上の子優先」と言うことで、リーディング本も、上の子の年齢に合った本を選定してあげましょう。

それでは、ちびっこの読み聴かせで選択する本を年齢別に紹介します。

上の子が1~2歳のケースでは、自分自身で歩けるようになったり話せるようになったりする頃ですので、多様なことに関心をもつようになり、みるみる多彩な経験していきます。

ちびっこの知っているフードや、身近な動物等が現出る絵本を選び、絵本からも経験することによって、自己肯定感を養うことが出来ます。

3~4歳のケースでは、身のまわりのことを自分自身で可能なようになり、行動スポットもより一層広がり好奇心も旺盛になる時期です

想像力も潤沢なって、同じ年頃のちびっこが現出る物語性のある絵本だと、自己投影して楽しめます。

5~6歳のケースではは、体を活発に動かしたり感情が潤沢になったりして、自分には知らないワールドがあることに関心をもち始めるので、ニホンのお話だけでなく、ワールドの童話や昔話を読んであげるのも良いでしょう。

少しばっかり長い物語でも、関心を持てる絵本なら、好奇心をもってきける年頃ですので、多様な絵本を読んでみて、大好きな物のものを見つけられるようにしたケース良いでしょう。

スムーズに寝かしつけるには?

赤ちゃんが生まれると幸せな生活が始まりますが、お母さんにとっては、忙しく大変な日々の始まりでもあります。

赤ちゃんのお世話で、特に時間がかかりなかなかうまくいかないのが、「寝かしつけ」ではないでしょうか。

哺乳瓶でミルクをあげているケースではは、赤ちゃんを抱っこして、赤ちゃんがミルクを飲み易いように哺乳瓶を持たないといけないので、体が痛くなったり疲れたりしてしまいます。

授乳が終了して寝てくれたとおもい、布団やベッドに寝かそうとしたケース、また起きて泣いてしまって困ってしまうお母さんも沢山でしょう。

そこでおススメなのが、哺乳瓶ホルダーの「ビーボ」です。

ビーボは、哺乳瓶を固定して360度角度を調整出来る哺乳瓶ホルダーですので、ミルクをあげるお母さんの負担を減らしてくれます

そして、授乳が終了しても、赤ちゃんが心置きなく眠れるまできっちり抱っこして挙げられるので、グッスリ寝てからベッドに移すことが出来るのです。

赤ちゃんは腹部が空いていると眠ることが出来ませんが、ミルクを飲ませてから寝かせても、きっちりゲップを出してあげていないと、腹部が張って苦しくなって起きてしまうこともあります

これによって、授乳後はゲップを出してあげましょう。

ビーボは、ゲップを出す際も役に立ちます、。

授乳が終わりましたら、ビーボをそのままサッと上に向けおけば良いので、早速にゲップを出させて挙げられるのです。

ゲップが十分に出たら、おむつが汚れていないか確かめることもたいせつです。

おむつが汚れた有り様では、赤ちゃんはテンションが悪くて寝れません。

汚れたままで寝ていたとしても、おしっこが漏れてしまったりおむつかぶれになったりしてしまうので、早めにおむつを替えてあげましょう。

赤ちゃんがぐっする眠れるようにするには、屋内の温度や湿度を調整しましょう。

部屋の温度が暑かったり寒かったりしたケース、赤ちゃんは不快に感じ泣いてしまいますし、身体の具合を崩す要因にもなってしまいます。

シーズンによってエアコンで室温を調整してあげてください

赤ちゃんが爽快だとおもう温度は、夏は26度~28度で、冬季は18度~23度です。

室温は40%~60%ですので、温湿度計を準備して、いつも確かめて調整してあげましょう。

寒い時期は、布団を温めておくこともたいせつです。

赤ちゃんは温度に敏感ですので、抱っこして熟睡してくれたと思っても、布団が冷たいとビックリして起きて泣いてしまいます。

これによって、赤ちゃんが爽快に眠れるように、布団をめくって室温と同じになるように温めておきましょう。

産後にイライラしてしまう理由

赤ちゃんを授かって、腹部がみるみる大きくなると「早急に赤ちゃんに会いたいな」「赤ちゃんとの新しい生活が楽しみだな」と、赤ちゃんと出会える瞬間を待ち遠しくおもえるでしょう。

しかしながら、赤ちゃんが生まれると、慣れない赤ちゃんのお世話に追われて、テンションに余裕がなくなり、イライラとしてしまうこともあります。

「自分のちびっこに対してイライラしてしまうなんて、私はダメなお母さん」と落ち込んでしまうかも知れませんが、産後に起こるイライラの感情には、ちゃんと理由があるので、自分を責めなくても大丈夫です。

それに、イライラを克服する対応策もあるので、是非実践してみてください。

お母さんのボディーは、妊娠・出産によって大きなダメージを受けているので、それが元通りになるまでは、精神的にも一定グレードの有り様にはなれないので、産後にイライラしてしまうのは手法がないことですのです。

赤ちゃんが可愛くない、と言うわけではなく、この時期には誰でも発生しうることだと思って、その感情も受け投入したケース少しばっかり楽になるとおもいます。

初めての出産だと、今までに経験したことのない育児の忙しさや眠ること不足が続いたり、育児書を読んでも全くその通りにならなかったりして、疲れきってイライラすることもあります、。

それに、赤ちゃんは言葉が話せないので、泣いて知らせることが出来ません

しかしながら、お母さんにとっては、なぜ泣いているかわからず戸惑ってしまって、イライラすることもあります。

出産後にイライラした自分に悩んでいるお母さんは、次の対処方式を行なうとテンションが落ち着くでしょう。

赤ちゃんは日々成長しており、徐々にお世話もラクになり、赤ちゃんも泣くだけでなく多様な表情を見せてくれるようなって、そのうちかわゆいとおもえるようになると信じましょう、。

生まれたばっかりの新生児は、昼と夜の区別がつかないので、夜中でも腹部が空いたと泣き出します。

その度にお母さんは、授乳することになりますが、十分に眠ることが確保できない日々が続きイライラしてしまいます

その対応策として、授乳を近辺の人に手伝ってもらって、お母さんの眠ることを確保することによってす。

ミルクでの授乳なら、お父さんに任せることが出来るので、夫婦で話し合って、任せられるこというのはやってもらいましょう。

ただ、お父さんだとうまくミルクを飲んでくれない、と言うこともあるとおもいます。

そういったケースではには、授乳をバックUPしてくれるグッズに頼ると良いでしょう。

「ビーボ」と言う哺乳瓶ホルダーは、赤ちゃんを両手できっちり抱っこした有り様で、ミルクを飲ませることが出来る優れたグッズです

これによって、ミルクをあげるのが不得意なお父さんでも、哺乳瓶ホルダーのビーボを使えば、うまく飲ませられるでしょう。

お母さんは、育児に追われるだけでなく、家事もやらなければなりません、。

しかしながら、子育ての疲れと眠ること不足の有り様で、より一層家事も完璧にこなそうとしたケース、身体の具合を崩してしまうこともあります

家事に対しても、夫婦で話し合って、手を抜くことを許してもらったり、手伝ってもらったりしましょう。

ビーボを利用してお父さんに授乳を頼めば、その間にお母さんは家事に専念することも出来ます、。

こみたいに、お母さんは1人で全てをやろうとせずに、お父さんにも使命を与えて、夫婦で協力して子育てを楽しみましょう。