哺乳瓶ホルダー ビーボ

夫婦で子育てに参加できるビーボ

赤ちゃんの授乳はお母さんのたいせつなお勤めです。

赤ちゃんが活動的で健康に育ってもらう為には必要不可欠で、赤ちゃんからも数時間おきに求められます。

そういったたいせつだけど体力のいる授乳をしている時に、旦那さんの言動にムカッとした経験のあるお母さんは沢山やうです。

赤ちゃんのお世話で大変なおもいをしているのに、心無い言葉を浴びせられたり、育児を全て押し付けてきたりしたケース、いっしょにいるのが嫌になってしまうでしょう。

お好き同士で結婚して、ちびっこが生まれるまではイライラするこというのは何一つなかった夫婦でも、赤ちゃんが生まれた途端に全てが嫌になってしまった、と言う女の人も沢山やうです。

女の人はお母さんになると、神経を全て赤ちゃんに向けるようになり、常々の生活も常に気を張った有り様になります。

旦那さんは、赤ちゃんが生まれて父親になったとしても、自分自身で生んだわけではないので、早速には実感がわかないのです。

それに昼間、お勤めに出ていることが大半ですので、その間に、お母さんがどれだけ大変なおもいをしているのか知らないことが大半ですのです。

女の人に「旦那さんに対してムカッとするのはどんな時?」と言う質問を行なうと、「赤ちゃんの機嫌が良い時だけお世話を行なう」と言う意見が非常に沢山です。

赤ちゃんが落ち着いている時だけ、抱っこしたりあやしたりして、自分も子育てに参加している感じを出しているけど、おむつ替えや授乳、寝かしつけ等の大変なお世話はまったくやらない、と言うお父さんも沢山やうです。

お母さんからすることで、手間のかからないことや楽しいことだけやられても、全く嬉しくないし、旦那への心理的負荷がたまるだけです。

ただ、多くのお父さんが楽な方へ逃げているわけではなくて、どう接したら良いかわからなかったり、赤ちゃんが泣き止まなかったりして、お世話の手法が分からないと言う理由で、赤ちゃんの機嫌が良い時に接しているやうです。

それに、赤ちゃんのお世話をしたところ、お母さんに手法が違うと指摘されたことがあって、あまり手を出さない方が良い、と考えているお父さんも沢山やうです、。

夫婦できっちり話し合えれば良いのですが、2人で生活していた時と比べて大きく環境要件がチェンジして、子育てに対するお父さんとお母さんの考え方にギャップが生じやすくなるので、協力し合ってお世話を行なうのも容易なことではないやうです。

それでは、憧れの幸せな身内像が崩れてしまいます。

そういった状況を救ってくれるのが、「ビーボ」と言う哺乳瓶ホルダーです。

お父さんも赤ちゃんにミルクをあげたいと思っても、赤ちゃんにうまく飲ませられなくて諦めてしまっていませんか?ビーボは、赤ちゃんが飲み易いように固定する哺乳瓶ホルダーですので、赤ちゃんのお世話に慣れていないお父さんでも、容易にミルクを挙げられます

それに、ビーボを使用すると両手で赤ちゃんを抱くことが出来るので、お父さんにとてつもなく幸せな時間になるはずです。

お父さんが授乳を手伝ってくれれば、お母さんもかなり負担が少なくなるので、是非ビーボを利用してみてください

育児と家事を両立する方法

赤ちゃんの出産の為に里帰りして、1ヶ月くらいは実家で親に手伝ってもらいながら子育てを行なうケースではも沢山でしょう。

出産後のお母さんの体は疲れきった有り様で、常々通りに体を動かすこというのは出来ないので、里帰りをして、身のまわりのことや赤ちゃんのお世話等を手伝ってもらうと大変助かります

それに、初めての出産だと、分からないことだらけですので、子育てのベテランにアドバイスをもらえるので、大きな安堵感が得られます。

しかしながら、ずっと里帰りしているわけにはいかないので、出産後おおよそ1ヶ月くらいで自宅に戻ってくる方が大半だとおもいます。

そして、初めての親子での生活が始まるのですが、赤ちゃんのお世話をしながら、家事もこなさないといけなくなります。

赤ちゃんのおむつ替え、授乳等に忙しく、やっと寝てくれたと言う時期で家事をしようとしても、また早速に泣いて起きてしまうことも頻繁にあり、なかなか家事が進まずに困っているお母さんも沢山でしょう。

それでは、産後の育児と家事をどみたいにして両立していくかに対して取り上げます。

出産後のお母さんは、本能として、赤ちゃんが泣くと不安に感じ取れるシステムが備わっています。

お父さんは、赤ちゃんが泣いていても気になりませんが、お母さんは早速に反応して聴き流すこというのは出来ません。

これによって、何をしていても、赤ちゃんの泣き声がきこえると、放っておくこというのは出来ないのです。

そんなシステムが備わったお母さんが、子育てと家事を両立するには、赤ちゃんが泣いたらなるべく早急に泣き止ませたり、泣かせないようにしたりするアレンジがたいせつです。

アレンジの1つとして、一般に生活している中で出る“生活音”に慣れさせることです。

赤ちゃんは、ちょっとした音でもビックリして起きてしまい、不安になって泣いてお母さんを呼びます。

物音で早速に泣いてしまうケースではは、昼間は赤ちゃんをリビングに過ごさせて、家の生活音に慣れさせましょう。

赤ちゃんが泣きだしたら、かわいそうになって早速に抱っこしたくなりますが、ずっと抱っこしていては、1日中何もできずに終了してしまいます、。

赤ちゃんは、目がまだよく見えていないので、お母さんがいないと感じれば早速に不安になってしまいます。

ただ、抱っこをしなくても、声をかけてあげたり、手を握ってあげたりするだけでも、お母さんの存在を確かめて安心出来ることもあります。

ただ、生活音に慣れさせても、お母さんの存在を感じさせても、全然泣き止まない日もあるでしょう。

そういった時は、家事を完璧にこなさなくても、少なくてものことができていれば良いと考えましょう。

生まれたばっかりの赤ちゃんのお世話は24時間体制だと言うことと、家事が十分に出来ないことがあることを旦那さんにも心得してもらい、家事や育児を手伝ってもらいましょう。

哺乳瓶ホルダー「ビーボ」は、哺乳瓶で授乳する際に楽なグッズです。

ビーボに哺乳瓶を容易に取り付ければ、誰でも赤ちゃんにミルクを挙げられます。

これによって、お母さんが家事をしたい時は、旦那さんに授乳を任せることも出来ます。

それに、ビーボは、哺乳瓶をずっと手で持つ必要もないので、赤ちゃんの様子を見に来たおばあちゃんにも、心置きなく授乳を頼めるようになります。

和食中心の食生活で体重を戻す

赤ちゃんをミルクで育てているお母さんは、授乳の時間になると、赤ちゃんを抱っこしてミルクを飲み易いように哺乳瓶を持つことなって、他のこというのは何もできなくなってしまいます。

これによって、お母さんは自分のお食事の時間もゆっくり確保することが出来ないこともあります。

しかしながら、産後に規則きちんとお食事が出来ないと、妊娠前の体型に戻すことができず、産後太りしてしまいます。

哺乳瓶ホルダーの「ビーボ」は、授乳する人の肩にサッとかけて哺乳瓶を固定し、赤ちゃんがミルクを飲み易い位置に回転させれば、ハンズフリーで授乳が出来る楽なグッズです。

哺乳瓶を支える必要もないので、片手が自由に使えるようになり、赤ちゃんの授乳中にお母さんもお食事をゆっくりすることも可能になります

産後のお母さんは、赤ちゃんが泣きだしたりお世話したりで、自分のお食事は後回しにすることが沢山です。

そして、赤ちゃんが寝ている間に、急いでお食事を済ませている方もいるでしょう。

ところが、早食いを続けていると、満腹感を獲得するまでに時間がかかるようになり、一度に食す量が多くなって、太りやすくなってしまいます。

これによって、お食事中に赤ちゃんが泣きそうになったら、急いで食べ終えてしまうのではなく、一旦お食事を中断して、お世話がひと段落したらお食事を続けるようにしましょう。

中には、「赤ちゃんのお世話でお食事がとれないから、痩せられるかも」と考える方もいるかも知れませんが、母乳が出がたくなってしまいますし、ミルクで育てているケースではも、身体の具合を崩してしまって育児に専念できなくなってしまいます。

それに、食べないでいると基礎代謝が下がるので、逆に、太り易い体質になってしまうのです。

自分の体型の為にも、赤ちゃんの健康の為にも、産後もバランスの取れたお食事を心がけることがたいせつです。

産後に出来るだけ順調にウエイトを戻すには、お食事の内容を見直す必要があります、。

一番良いのは、和食です。

和食には、食物繊維が潤沢に含まれる食材を使用する調理が多く油分もあまり使わないので、カロリーが抑制しられるのです。

例えば、鶏肉を使用するとしても、いっぱいの油で揚げるフライと、水等で煮てつくる煮物とでは、カロリーに大きな差が生じます。

それに、食物繊維は便秘にも効きお目当てですし、満腹感を得られて食べ過ぎを防ぐことが出来るので和食中心の食習慣にしましょう

より一層、和食は調理するのも手間がかからないものばっかりですので、子育てで忙しいお母さんに最適です。

そして、赤ちゃんが寝ている間に調理しておいて、授乳の時間になったら、哺乳瓶ホルダーのビーボを利用して授乳をすることで、赤ちゃんといっしょにお食事を楽しむことが出来るのです。