哺乳瓶ホルダー ビーボ

ビーボで腱鞘炎予防

哺乳瓶ホルダー「ビーボ」は、哺乳瓶で赤ちゃんにミルクを与えている時も、片手が自由に使える大変楽なグッズです。

哺乳瓶での授乳は、赤ちゃんがミルクを飲み易いように同じ姿勢を続けないといけないので、手首等に痛みが生じるお母さんも沢山やうです。

赤ちゃんが生まれてから生じる手首の痛みは「腱鞘炎」と言われます。

特に、初産のお母さんに腱鞘炎になる方が多く、首の座っていない赤ちゃんを抱っこするのに緊張して、気づかないうちに手首や腕等に力が入ることが要因のやうです

2人目今後のお母さんでも、授乳したりおむつ替えをしたりする時に、長年利用していなかった筋肉を無理に使用することで、手首を痛めてしまう方も沢山です。

腱鞘炎を起こし易いお母さんは、授乳する時に、自分の手首の近くに赤ちゃんの頭がくるように抱っこしていることが大半です。

授乳の時間は、おおよそ5~15分ですが、その間はずっと赤ちゃんを支えたり、哺乳瓶を支えたりする目的で、腕から手首まで力を投入している有り様です

授乳に慣れてくれば、こつをつかんで力を抜けるようになりますが、初めての子育てだと、どうしても赤ちゃんが心配で無理な姿勢を続けてしまいがちです。

腱鞘炎は、痛みが強力になると、安静が必要になります。

そうなってしまっては、赤ちゃんのお世話が十分にできなくなってしまいます。

オムツ替えや授乳は痛みをこらえて行なわなければならず、赤ちゃんがぐずっても抱き上げるのに苦労してしまいます。

それに、赤ちゃんは、お母さんの感情が伝わるようで、赤ちゃんも機嫌が悪くなってしまいます。

こんなようでは、折角の幸せな時間が辛いものになってしまうので、手首が痛くなったり、大変だと感じたら、早めに対応策することがたいせつです。

そういった手首の痛みに苦しむお母さんにおススメなのが、哺乳瓶ホルダーのビーボですのです。

ビーボを利用することで、両手で赤ちゃんを抱っこしながら、ミルクを挙げられるようなって、片手の手首の負担を抑制することが出来るのです。

授乳中に手首を痛めることがなければ、ほかのお世話もスムーズに行なうことが可能なようになります。

哺乳瓶での授乳に疲れや痛みを感じ取っているお母さんは、是非ビーボを利用してみてください。

抱っこの手法を改善することもたいせつです、。

手首を痛めない抱き方は、赤ちゃんの頭が肘の上にくるようにして、お母さんの腕や手首に力が入らないようになる体勢です。

腕にクッションを置いたりタオルを巻いたりしたケース、腕等に負担がかからないので、アレンジしてみてください。

飲みやすい角度でミルクが飲めるビーボ

育児グッズとして、外国で大好評を集めている哺乳瓶ホルダー「ビーボ」は、赤ちゃんがミルクを飲み易い角度に調整して固定するので、使用する人の育児の負担を減らしてくれると言うことで話題されてきています。

初めてお母さんになる方は、赤ちゃんが生まれた瞬間から、未知の生活が始まります。

育児書等を読んでその通りにしてもうまくいかないことも沢山でしょう。

哺乳瓶でミルクを与える時も、病院で教えてくれた時は順調にできたのに、家に帰って1人でやってみると、赤ちゃんが飲みにくそうにしていることもあるとおもいます。

でも、赤ちゃんが必要な量を飲めていれば、問題ないと思ってしまうでしょう。

しかしながら、ミルクのあげ方が間違っていると、“中耳炎”になってしまうこともあるのです。

赤ちゃんは、耳と鼻をつなぐ耳管が十分に拡大していないので、床と水平に寝かせてミルクを飲ませると、喉にミルクを詰まらせたり、ミルクが耳の方へ流れたりしてしまうのです。

これによって、ミルクを与える時は、赤ちゃんを優しく抱っこして飲ませることがたいせつです。

それでは、哺乳瓶での上手な授乳の手法を紹介します。

まず、お母さんの利き手で哺乳瓶を持って、哺乳瓶を少しばっかり傾けながら赤ちゃんの口に近づけ、軽く赤ちゃんの唇に当てます

そうしたケース、赤ちゃんは口を開けて哺乳瓶の乳首を探す動作をして、口を大きく開けた時に乳首を舌の上にそっと当てると、赤ちゃんは乳首に吸い付きます。

乳首が口のなかに入ったら、ミルクが出易いように哺乳瓶を縦向きに傾けます。

赤ちゃんにミルクを与えて飲み始めたら、哺乳瓶の乳首の先を赤ちゃんの口の奥へ出来るだけ入れましょう。

哺乳瓶でミルクをあげている時に、急に吐き出したりむせたりすることがありますが、これは、ミルクといっしょに空気まで飲んでしまうことが要因です、。

より一層、赤ちゃんは腹部がいっぱいになったことが自分自身で分からないので、飲みすぎてしまって吐き出すこともあります。

ミルクを吐き出さないようにするには、ミルクを飲み終了して早速に仰向けに寝かさないことです

それと、きっちりゲップを出してあげることがたいせつです。

ただ、1日に何度も赤ちゃんを抱っこして授乳していると、お母さんの体力が追いつかなくなり、ミルクの飲ませ方や抱っこの手法に気を使いすぎると、精神的にも疲れてしまいます。

そこで、哺乳瓶ホルダーのビーボを使用することで、赤ちゃんのお世話で大変なお母さんをバックUPしてくれるのです。

まだニホンではあまり知られていませんが米国ではかなり楽な哺乳瓶ホルダーとして使用する人が増加しています

ビーボは哺乳瓶をちゃんと固定して360度回転するので、赤ちゃんがミルクを飲み易い角度に調整出来ます。

より一層、哺乳瓶はビーボに任せて、お母さんは赤ちゃんを両手で抱くことが出来ますし、授乳が終わりましたらビーボを上に向ければ、そのままゲップをさせられます。

授乳の時間は絵本の時間

2人目のちびっこさんが生まれると、お母さんは、授乳やオムツ替え、寝かしつけ等で忙しくなり、上の子はお母さんとおもうように触れ合えなくて、さみしいおもいをします。

特に、授乳中はお母さんがずっと動くことが出来ないので、上の子は自分は後回しにされて辛いテンションになってしまいます。

哺乳瓶ホルダーの「ビーボ」は、哺乳瓶を固定して、ミルクをあげ易い位置に調整してくれる楽なグッズです。

ビーボを使えば、片手で赤ちゃんを抱っこして、哺乳瓶はビーボに任せられるので、もう片方の手は自由に使えるようになります。

これによって、下の子の授乳をしながら、上の子に絵本の読み聴かせも可能なようなって、授乳の時間は、ちびっこたちの読み聴かせの時間にするのも良いでしょう。

絵本の読み聴かせを続けると、ちびっこにとてつもなく多彩な良い効き目をもたらすと考えられています。

例えば、絵本の読み聴かせをしている時、ちびっこの脳は大脳辺縁系と呼ばれる箇所が活発に働いています。

この箇所は、喜怒哀楽の感情を生成したり、士気や熱意を起こしたり、人の本質的な行動を制御を行なっています。

絵本に出てくる登場キャラクターのテンションに共感したり、おもいやったりすることによって、相手のテンションが心得可能なようになり、情緒の安定や犯罪の防止にもつながるのです、。

より一層、多彩な絵本をちびっこに聴かせると、職業、人種等、自分の知らないワールドがあることを知り、考え方のギャップ等も学び、ワイド視界をもって心がワイド人に成長しします、。

絵本を読んでくれるお母さん、お父さんの声に集中することによって、想像力を伸ばす効き目もあります、。

読み聴かせの時間をもつだけで、親子が寄り添うたいせつな時間になります。

その時間は、ちびっこが成長してからも、お母さんやお父さんが自分に愛情を注いでくれたたいせつなおもい出として、ずっと記憶に残ります。

こみたいに、絵本の読み聴かせは、親子のコミュニケーションの時間となり、ちびっこの成長にもつながって、その子が親になった時に、同じように愛情をもってちびっこを育てるようなってす。

哺乳瓶ホルダーのビーボを利用することで、赤ちゃんの授乳の時間は上の子にとってさみしい時間ではなく、“読み聴かせの時間”として楽しみの時間になります。

0歳の赤ちゃんにとてつもなく、親子や兄弟姉妹と触れ合うたいせつな時間となり、身内のたいせつさを養います。

赤ちゃんは絵本の内容は心得出来ないので、リーディング絵本は、上の子の年齢に合わせて選べば良いです。