哺乳瓶ホルダー ビーボ

「あったら良いのに」を叶えたビーボ

赤ちゃんを抱っこしてミルクを上げる時間は、幸せを感じ取れるひとときでしょう。

ただ、哺乳瓶でミルクをあげるケースでは、片手で赤ちゃんを抱っこして、もう片方で哺乳瓶を持つことなって、両手が完全にふさがり、不自由な有り様になってしまいます

家事をしたり上のちびっこさんのお世話をしたり、赤ちゃんの授乳に専念してあげたいけど、片手だけでも自由に使用することが出来ることなら、と言う忙しいお母さんも沢山でしょう。

それに、お父さんが赤ちゃんにミルクをあげるケースでは、どうしてもうまく抱っこして授乳が出来ない、と困ってしまう男性もいるとおもいます。

そういったお父さんお母さんにおススメなのが、ハンズフリーで授乳が出来る「The Beebo(ビーボ)」と言う哺乳瓶ホルダーです。

扱い方は、ビーボを肩にかけて哺乳瓶をセットし、赤ちゃんを抱っこします。

そして、赤ちゃんが飲み易い位置にビーボを回転させて角度を調整するだけです。

ビーボの特徴は、重量約500gと非常に軽いのに、肩にかけた時にちゃんと肩にフィットするので、肩がこることもなく安定して授乳出来ることです。

ポリウレタン製の哺乳瓶ホルダーですので、丸洗いできていつも清潔に保つことができ、衛生的にも心置きなく赤ちゃんに使えます、。

色バリエーションも潤沢で、落ち着いた色でスタイルにも合わせやすく男性にもおススメの「チャコールグレー」、テンションも明るくなるきれいな色合いの「ラズベリーピンク」、鮮やかでさわやかな感想や感じ方を与える「ターコイズブルー」の3部類あります。

赤ちゃんの為のグッズは、お母さんが使用することを考えて可愛らしいデザインのものが沢山ですが、ビーボは男性でも女の人でも選び易いとおもいます。

ビーボは丸くて柔らかい感想や感じ方でデザイン性にも優れていますし、軽量ですので携帯も楽で、お出掛け先でもサッと取り出して使えます、。

ビーボが使える哺乳瓶は、直径の大きさが約5.5㎝~7.3㎝と幅ワイドですし、スタイルも問わずにワンタッチで容易に取り外しが可能なようになっています。

授乳が終了して赤ちゃんにゲップをさせる時や、赤ちゃんがそのまま寝てしまった時等は、哺乳瓶を赤ちゃんの口から外して、そのままくるっと上向きにしておけば、早速に赤ちゃんのお世話が出来ます。

こみたいに、ビーボは「こんな道具があったら良いのにな」と言うお母さんたちの想いを叶えてくれる楽な育児グッズです。

赤ちゃんの授乳中に後回しにしていたことも、同じ時に行なえるようなって、育児の疲れも軽減出来るはずです。

赤ちゃんと食事を楽しめるビーボ

まだコンパクトな赤ちゃんは授乳の回数が多く、母乳で授乳するケースではでも、ミルクのケースではでも、1日中赤ちゃんの授乳のことを考えていないといけません。

特に、哺乳瓶でミルクをあげるケースではは、赤ちゃんをきっちり抱っこして、赤ちゃんがミルクを飲み易いように哺乳瓶を支える必要があるので、お母さんやお父さんは両手が利用できず、何も出来ない有り様になってしまいます。

授乳をして赤ちゃんが寝ている間に溜まった家事をしたり、お母さんも眠ること不足ですので、赤ちゃんが寝ている時はいっしょに寝たりしていると、お昼が通り越して夕飯をつくる時間になってしまうことも。

そして、自分のお食事をとる時間がなくて1日1食になってしまったり、スイーツをつまんで終わりにしてしまったり、と言う方もいるやうです。

赤ちゃんの授乳を完全母乳や母乳とミルクの混合で育てているケースではは、お母さんが食べたり飲んだりしたものの原材料が母乳となって赤ちゃんに伝わると考えられるので、スイーツでお食事を済ましていては、赤ちゃんの健康に影響してしまいます。

1日1食と言う方も、その1食にドカ食いすることで良いと言うわけではなく、母乳をスムーズに出すには、授乳の途中にお食事を徐々にとるのが一番良いのです。

ミルクで授乳するお母さんのケースではも、1日1食やスイーツで済ませるお食事をしていては、栄養失調で体を崩してしまい、赤ちゃんのお世話ができなくなってしまいます。

1食はちゃんとお食事ができたとしても、それだけでは1日に必要な栄養素を取り入れることが出来ません。

それに、1食では腹部が空いてしまって、パッと食べることが出来るスイーツ等の間食が多くなることもあり、結局、身体の具合を崩しやすくなったり太ってしまったりします。

産後のお母さんは赤ちゃんとの新しい生活で忙しくなるので、身体の具合を崩さないように十分な栄養を摂取することがたいせつです。

それに、お母さんになっても女の人として輝き続ける目的でも、間食ばっかりして産後太りにならにようにしないといけません。

それでも、赤ちゃんの授乳が優先なって、自分のお食事が十分にとれない方も沢山でしょう。

そういった赤ちゃんのお世話に忙しい方にとっておきのグッズが「ビーボ」と言う米国で話題を集めている哺乳瓶ホルダーです。

ビーボに哺乳瓶を固定してミルクをあげれば、片手が自由に使用することが出来るので、お母さんのお食事を準備しておけば、赤ちゃんの授乳の時間にお食事をいっしょにとることが可能なようになります。

米国やヨーロッパでは、大変楽な哺乳瓶ホルダーとして、ビーボの利用者がみるみる増加しているやうです。

ビーボは、赤ちゃんとの生活をより幸せなものにしてくれるグッズですのです。

上の子との触れ合いを大切にするビーボ

上のちびっこさんにとって「悲しい」「悔しい」と言う感情が芽生えるのが、下の子の出現でしょう。

生まれてからずっと大お好きなお母さんを独り占めしてきたのに、弟や妹が生まれた途端、お母さんを取られてしまったと感じ取れるのです。

「自分も赤ちゃんみたいになれば、お母さんがまたかまってくれる」と言う心理が生まれ、“赤ちゃん返り”を行なうちびっこさんも沢山です、。

これはお母さんのことが大お好きだからこそあらわれる行動ですが、生まれたばっかりの下の子のお世話もしなければならないお母さんにとっては、非常に大変な有り様になってしまいます。

お母さんも上の子がさみしいおもいをしているのは分かるけど、お母さんにとてつもなく初めての2人の子育てで困っている方も沢山でしょう。

それでは、上の子が赤ちゃん返りの傾向が見られたら、どう対応したら良いのでしょうか?まず、たいせつなこというのは「上の子が優先」と言うことです。

出来ることなら上の子と十分な時間をとって挙げられるのが一番ですのですが、やはり下の子のお世話が忙しくて、現実的には難しいとおもいます。

それでも、朝起きた時に「おはよう」と言って頭をなでてあげたり、自分自身で何かできた時に抱きしめて褒めてあげたりしましょう。

下の子のお世話をしている時でも、「〇〇しているんだね」と上のちびっこさんがやっていることを実況したりして、常に上の子のことを気にかけていることをアピールすることで、ちびっこさんも安心出来るとおもいます、。

また上の子と下の子の年の差が1~2歳のケースではは、2人の世話を行なうのが大変ですが、1日中お母さんといっしょに過ごせるので、下の子が寝ている間に上の子とおもいっきり遊んであげる等が出来ます。

年の差が3~4歳で、上の子が幼稚園や保育園等に通っているケースではは、お母さんは少しばっかり余裕が出来ますが、上の子にとってはお母さんはと過ごす時間がかなり少なくなってしまいます。

それで家に帰って来てからも、下の子の面倒ばっかりでかまってもらえなかったら、非常にさみしいおもいを行なうでしょう。

これによって、幼稚園の話を聞いてあげたり、「いってらっしゃい」「おかえり」の挨拶をして抱きしめてあげたり、上の子を気にかけていることをきっちり伝えましょう。

特に、お母さんが困ってしまうのが、下の子の授乳の時間です。

哺乳瓶でミルクをあげている時は、上の子が「抱っこして!」と言ってきても、お母さんの両手はふさがっている有り様ですので、どうすることもできず上の子を泣かせてしまうこともあるでしょう。

授乳の時は、下の子をずっと抱っこしている有り様ですので、「お母さんを取られた」と言う感情が強力なってす。

そういった2人の育児に奮闘するお母さんの強い味方となるのが、哺乳瓶ホルダーの「ビーボ」です。

ビーボは哺乳瓶をちゃんと固定して、赤ちゃんがミルクを飲み易い位置に調整出来る哺乳瓶ホルダーです

ビーボがあれば、ミルクをあげている時に、片手が自由なって、上の子に絵本を読んであげたり、スキンシップしたり可能なようになります。

これによって、上の子のさみしさももなくなり、「授乳の時間はお母さんと遊べる時間」と思ってくれるようになるでしょう。