産み分け

赤ちゃんへの遺伝について

遺伝に関連して皆さんどう思っているでしょうか。

「顔が良い」「頭が良い」「性格が似ている」等、良い訳で赤ちゃんに遺伝してくれるなら良いのですが、病気等、遺伝させたくない物も有るとおもいます。

もし親になる方がそういった心配原因が有るのであるのなら初めから避けてあげたいとおもいますよね。

もし病気等、疾患が男女の産み分けで避ける事が出来るのであるのなら産み分けを考えるのも当然の事だとおもいます

遺伝される病気で代表的な物というと、血友病、色盲、夜盲症等が有ると言われています

このなかで血友病ですが、出血したら値が止まるまでかなりの時間がかかったり止まらなかったりする病気で昔は成人出来るかどうか分からないという様な病気だったやうです

現在では医療も進歩したので健常者とあまり変わらない様な日常生活を送る事が出来るやうです。

この病気、因子自体は男女共遺伝によって持って産まれる見込みは有りますが、発症は男性しか起きないという病気らしく、女の子を産み分けしたいと望む方が沢山のです。

但し先程女の子にも因子は遺伝した場合書きましたよね。

ですので因子を持った女の子が男児を産んだケースではには血友病を持って産まれる事になるという訳です

しかしながらこうした遺伝の疾患は発症さえしないと自分が因子を持っているかどうかさえ分からないので妊娠や出産で初めて分かるというケースも結構存在するのです。

また血友病に関連しては女の人で発症するケースも出てきている様です。

この様に産み分けによって遺伝性疾患を回避した場合いう産み分け理由も有るのです。

産み分けはどれ位の成功率なのでしょうか

産み分けの達成率は100%では有りません。

どんな産み分け方式を実行したかでも達成率はチェンジしてくると言います。

より一層産み分け方式を1つ実行するより、数多く実行した方がより達成率も段階UPと言います。

ニホンでおこなわれている産み分け法で排卵日を測定してそれに合わせて性交渉をして産み分ける方式では男女共80%前後と思ったより達成率が高い事が伺えます。

自然性交渉じゃなく精子を人為的に分離させた物を人工受精させるパーコール法では90%程の確率に上がるやうです。

但し安全性とか色んな問題が有り、近頃ではパーコール法があまりおこなわれていない様です。

そう考えるとどんなに技芸的に100%に近い確率で産み分けが出来たとしても、実現するのは難しいのではないかと考えられるのです。

排卵日を予測しての産み分け法だって決して確率は低めの訳では有りませんが、もし産み分けをおこなうのであるのなら赤ちゃんが授からないケースではも、産み分けが誤りするケースではも有り獲得するのだという事を覚えておきましょう。

それに医学が今より進歩する事によってこの確率もより一層高くなるのではないかと予想されています。

産み分けは個人にとっては良いですが、男女の出生比率にも影響を出す見込みが有る為、あまり認知されていない現状が有りますし、自然に任せた方が良いという賛否両論も有ります。

どんな状況にしろ、今はこの位の確率であるという事を覚えておくと良いでしょう。

でも思ったと比べると確率は高いのではないかとおもえるのです。

産み分けと高齢出産について

近頃、女の人の生活スタイルが随分チェンジしてきましたよね。

専業主婦が少なくなり兼業主婦が多くなってきました。

その上晩婚傾向で30~40代女の人の未婚率も増加してきています。

そうした晩婚傾向に存在する中、問題視されているのが高齢出産です。

晩婚になってしまうという事は、初産の年齢が高齢化してしまうという事にも繋がります。

高齢出産の定義としては「40歳以上の人が妊娠、出産をおこなう事」とされています。

20~30代の様な若い世代と比較した場合にも妊娠する見込みが低くなってきてしまうのです。

そういった中、高齢出産だから赤ちゃんを産むのも1人が限界かなという少子化を招く事にもなるのですが、1人しか産まないのであるのなら産み分けをしたいと願う人もいっぱい出てくるとおもうのです。

でも産み分けをおこなうという事は、受胎を望んでいる時以外の性交渉の際には避妊をしなくてはいけないという事になります。

つまり1ヶ月の間に1回だけは避妊なしで性交渉を行って、それ以外は避妊をおこなうという事になります。

その上3ヶ月以上は少なくとも基礎体温を測っておく必要が有ります。

こうした事を考えると産み分け昔に妊娠自体の確立も低くなってしまうとおもうのです。

もし高齢出産で産み分けをしようと考えているのであるのなら、こうした妊娠自体がしずらいという環境要素を創り出す事も認識しておく様にしましょう。

また産み分けをおこなう必要がそもそも有るのかどうかを夫婦間でよく話し合ってから実行する様にした方が良いとおもいますよ。