1歳赤ちゃんのおもちゃ

1歳の誕生日プレゼントは好奇心をくすぐるものを!

生まれて初めてお出現日を迎える赤ちゃん。

初めてのお出現日だから、特にな日ですよね。

赤ちゃんが喜ぶオモチャを与えてあげたいと思っても、どんなオモチャがいいのか悩んでしまいます。

1歳というと、昔からお餅をしょって歩かせるなんて儀式がありますが、近頃では皆さんやっているのでしょうか。

近所の洋菓子ショップ等にいくと、赤ちゃんの1歳の出現日ようの紅白のお餅が売られています。

「祝」と記載されていて、お餅を投入するための前バックにポケットがついた特にな衣装もセットで売られています。

1歳になる前にあんよが出来るようになった赤ちゃんでしたら、楽勝ですのでしょうが、まだたっちも出来ない赤ちゃんや、つかまり立ちくらいしか出来ない赤ちゃんからしたら、とんでもない!とおもうかも知れない行事ですね!そういった儀式をおこなうのも、赤ちゃんにとってはいいおもい出の一つになるでしょう。

赤ちゃんの初めてのお出現日には、ギフトは当然のこと、願わくはお餅もしょわせてみるといいかも知れません

さて、そういった1歳を迎える赤ちゃんのオモチャですが、好奇心をくすぐるものを選択した場合いいでしょう。

やはりよくあるオモチャだと、パズルのようなオモチャでしょうか。

容易な丸や四角、三角といった形の穴に、同じ形のものをはめ込んでいくようなオモチャは赤ちゃんの好奇心をくすぐります。

うまく形が入らないことによって、イライラする赤ちゃんもいるでしょうが、うまくできた場合にはパパもママもいっしょになって喜んであげることが出来ますね!

種類の豊富な知育玩具を1歳の赤ちゃんに!

近頃でよく耳にすることがある「知育玩具」赤ちゃんのオモチャであることに間ギャップはないのですが、オモチャといっても赤ちゃんに与えるものは何でもいいというわけではありません

その子の成長に存在したオモチャを与えてあげることが最良でしょう。

遊ぶことでより一層拡大を促してくれるオモチャがあればもっとイイでしょう。

近頃では、知育玩具の種別もたいへん潤沢で、どれを買い求めたら良いのか迷う人も沢山でしょう。

ここでは主な知育玩具個々の特徴に対して案内しますので、参照にされてみては如何でしょうかでしょうか。

知育玩具にはおおよその対象年齢が定められていますが、1歳から利用出来るものとして、積み木やブロック等の組み立て玩具があります。

初めは手で掴んだり積み上げたりしたケースではころから始まり、拡大に伴って物の形を模倣するようになります。

認識才覚・創意アレンジの拡大に役立つことで知られています。

そして、より一層言葉を覚えはじめたら、五十音やアルファベット、数字等が描かれた語学や数学的な知育玩具を取り投入する人も沢山やうです。

素材は布やスポンジ、木等が用いられています。

特に積み木は赤ちゃんにとってはすごくいいものだと聴きますよね。

スポンジもけがの心配もなく、ママも心置きなく遊ばせて挙げられるグッズでしょう。

ただ、スポンジを破ってしまったりして、赤ちゃんが間違って飲み込まないように注意が必要です。

知育玩具としてのパズルも種別が潤沢です。

評判キャラクターが描かれたものが沢山ので、赤ちゃんの好みなキャラクターのものを選択するとイイでしょう。

知育玩具が五感に与える効果とは!?

知育玩具が赤ちゃんの五感に与える効き目というのはどんなものがあるのでしょうか。

そもそも五感というのは、味覚、視覚、触覚、聴覚、嗅覚の5つの感覚のことで、これらの感覚によって外界の有り様を認識するのです。

赤ちゃんにとっては生まれてきて、個々の感覚自体が初めての経験です。

何を行うにも初経験になり、どう感じ取れるかも初経験です。

赤ちゃんの五感を小さな頃から沢山刺激してあげて、将来感情潤沢な子供に育ってくれるといいですね。

さて、知育玩具と言えば、子供の知能拡大を促すためのものだと考える方も沢山でしょうが、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚という人間の五感にも影響を与える効き目があるのです

ヒトの脳組織の8割近くは3歳ごろまでに形成されると考えられており、この時期までにどれだけ良い刺激を脳に与えられるかによって、その後の成長も大きくチェンジしてくるとまで言われています。

耳にしたことがある方も沢山のではないでしょうか。

いかに3歳までに英才教育を行う・・ではないですが、多様な感覚や感情を育ててあげて将来有望まではいかなくても、世間一般的な常識やマナー、優しい子に育てない、等等親の希望も沢山あるでしょう。

それによって、ただ知育に適した玩具というだけで何でも買い与えれば良いというものではありません

知育玩具も世間一般的な玩具と同様に、安全性が考慮され、子供が関心を持つよう作られたものであることがたいせつです

五感への刺激だけでなく、子供が自分自身で遊び方を見出せるような自由度も必要ですね。