赤ちゃんの頃からアレルギー対策を

赤ちゃんがいるおうちでは、清潔、というのを常に頭ではおられることも沢山かとおもいます。

0歳児の赤ちゃんの間から、アレルギーを発症させないための努力をしていくのが望ましいとおもいます。

これによってに部屋の環境要素をきっちり整えましょう。

掃除を怠ると直ぐにたまるのがほこりですね。

ほこりはアレルギーの要因となってきます。

ためたままにしておくと、常に赤ちゃんがほこりと共に過ごすことなって、将来的にアレルギーになる確率が上がります。

あと、気をつけたいのがダニの発生です。

何処の家だとしてもダニはいるやうです

しかしながら、布団の扱い方によってはそのダニがかなり多くなり、ダニアレルギーを誘発してしまうことがあるやうです。

兎にも角にも掃除を行うことがたいせつです。

布団にも掃除機をかけるといいみたいですので、子育てをしている間はかなり忙しいですが、なんとか時間を見つけてやってみてください。

布団は出来るだけ干しましょう。

湿気をためないこともたいせつです。

赤ちゃんはかなり汗をかくので、布団の湿度はいつも高い有り様になっています。

赤ちゃんは寝ている姿勢が長いので、なかなか布団を干すのも難しいかも知れませんが、出来る限り干せるといいですね。

湿気が沢山布団を敷きっぱなしにしていると直ぐにカビがはえてしまい、かなり不衛生です

そういった私も、赤ちゃんの布団にカビをはやしてしまった一人です。

兎にも角にも、常に赤ちゃんが過ごし易いきれいな環境要素を作ってあげることがたいせつです

二人でする子育て

子育て、と聞いて、みなさんはどんな想像が浮かびますか?幸福、愛情、作業、大変、葛藤、寝不足等、人個々意見はあるとおもいます。

プラスの想像もあれば、大変だったというお母さんからしたらマイナスの言葉が出てきてしまうかも知れません。

しかしながら、結局は、子育てというものはかなり幸せなものだとおもいます。

子育てが大変すぎて疲れてイライラしてしまったり、苦しむこともいっぱいあるでしょう。

しかしながら、子育て真っ最中のお母さん、お父さん、子育て経験者のみなさんもですが、疲れたケースではにこそおもい返してみてください

わが子と出会えたことが物凄い奇跡なのだということを。

その奇跡のわが子を育てることができているのです

これはかなり良い感じのことです。

初めての子育てを経験しているお母さん、お父さんは、分からないことだらけだとおもいます。

0歳児の赤ちゃんは、泣くことで何かを伝えようとします。

泣き続けてどうしていいかわからず、途方にくれることもあるでしょう。

多様なことを乗り越えながら親としても成長していくのです。

それを、やはりお母さんだけでなく、お父さんも伴になって喜びや悲しみを同じ目線で経験出来るといいなあとおもうのです。

同じ目線に立って共感して子育てをしていくことで、その後の二人はもっと絆が深くなるとおもいます

大変さを一人で抱えているお母さんは世のなかにいっぱいいます。

二人の赤ちゃんなのだから二人で子育てを行うのが最良です。