ベビーカー選び

赤ちゃんが産まれた後、0歳児の間からあると楽なのがベビーカーです。

初めての子育てだと、どんなベビーカーを選んだらいいのか迷ってしまいますね。

ベビー用品ストアーに行けば、多様な種別のベビーカーがずらりと並んでいます。

形や価値にもかなり差があるので、どうすることによっていいんだろう、と思ってしまいますね。

ベビーカーは、A型、B型の種別に分けられています。

A型は、生後まもない赤ちゃんのときから使えるスタイルのものです。

赤ちゃんを完全に寝かせて利用出来るようになっています

一方B型は、おすわりが出来る赤ちゃんが利用することの出来るスタイルになっています。

おおよそ7から9ヶ月くらいのときから使えます。

A型は、B型と比べると少しばっかり価値が高く、重たい感じがします

産まれてから初めのころは、何処かへ出かけることがあれば、抱っこ紐等で赤ちゃんを移り変わさせられるので、少しばっかりしてからより軽くて携帯も楽なB型を買入するのがおススメかな、とおもいます。

ありのまま私はそうしました。

電車やバス等を利用して出かけることが多かったので、そうなると、より軽いものの方がいいです。

そのとき売られていた、一番軽いというものをストアー員さんに聞いて買入しました。

ありのまま、移り変わしたケースではきにかなり楽でした。

A型を利用せず、B型一つだけを買入したので、買い換えることもなく費用もかさばりませんでした。

ウエイト15kgまで利用出来ます。

私は、3歳半くらいまでお世話になりました。

おしりふき

赤ちゃんが産まれた後、必ず必要になるものはいっぱいありますが、子育てで絶対にいるものの一つがおしりふきです。

赤ちゃんは一日に何回もおしっこやうんちをします。

その都度、おしりふき出来れいにしてあげなくてはなりません

昔は、ガーゼ等をぬるま湯にひたしてふいていたとおもいます。

母に聴くと、私が赤ちゃんのときは当然こうしていたやうです

現代だとしても自然派志向のお母さんや、赤ちゃんの肌がかなり弱くおしりふきで荒れてしまうといったケースでは等は、そうされているかも知れません。

しかしながら、大半は市販生産品のおしりふきを利用されているのではないかとおもいます。

0歳児のときからその後もしばらくお世話になるおしりふき。

消耗品ですので、なるべくお金はかけたくないですね

ベビー用品ストアーにいけば多様な作製者のものが売られています。

原材料にも個々特徴があります。

一番たいせつなのは、その赤ちゃんの肌に合っているかどうかです。

なかには使い続けることで肌がかぶれてしまうケースではもあります。

やわらかさや薄さも作製者によってぜんぜんギャップます。

まわりのものと比較して、少しばっかり高いなあとおもわれる品物は、ありのまま厚みがきっちりしていて、おしりを拭いたケースではの感触が違うと感じ取れるケースではがあります。

やはり高いだけあって、質感がいいなあという経験が私にもあります。

何点か利用してみて、最良だとおもうものを選定してください。

顔や手にも利用出来るものは、ウエットティッシュ替りになって楽ですよ。