産み分け

産み分け方法【体位】

セックスの時の体位って何か考えてしていますか?セックス時の体位も産み分けに関係していると言います。

産み分けをおこなう為の体位は深く挿入するか浅く挿入するかによって分けられるやうです。

膣内で放出液を出していますがこれが体位によってX精子とY精子に分けられるからですのです。

女の人の膣内は酸性であるやうです

また男児を作るY精子は酸性に弱いんだやうです

女の子を創りたいケースでは、膣内の放出液を出してY精子を減らす事によって女の子が出来る見込みを向上させます。

ですので体位も浅く挿入して膣内に出来るだけ精子を触れさせる様にすることで良いという事になります。

対して男児があったら嬉しいケースではは膣内にY精子を触れさせない様にすることで良いので、深く挿入する体位にして精子を直ぐに膣内から子宮へ移り変わさせれば良いという事になります。

また女の人がオルガスムスを味わう事で膣内の酸性度が中和されるやうです。

ですので男児があったら嬉しいケースではは女の人が感じ易い様にしてあげれば良いやうです。

女の子のケースではは逆ですよね。

こうした事を踏まえた上で体位を実行してみて下さいね。

無理に体位を変更する必要は有りませんよ。

無理にした場合ハート良い何処ろか心理的負荷になってしまって産み分け何処ろじゃなくなってしまいますので今している体位でポイントをおさえて行なう様にしましょう。

産み分けというと大変でお金がかかるんじゃないかという想像が有りますが、そういった事はなく体位をちょっと変更するだけで挑戦出来るので考えているのであるのなら挑戦してみましょう。

産み分け方法【産婦人科】

色んな方式が産み分けには有りますが、あなた自身に合った産み分け方式を知りたいのであるのなら産婦人科に行って相談するのが一番だとおもいます。

そうする事で排卵日の予測もし易いですし、色んな原因や指導が可能になります。

またゼリーやリンカル等も産み分けの道具として利用する事が有りますが、それもオーダーすることが出来ます。

但し産み分けのケースではにおこなわれる指導はいくら病院で行ったとしても保険適用外になりますので、本質的には健康保険証は必要ありません。

出来ることなら基礎体温表も最低3ヶ月位は付けていくと相談も容易でなるとおもいますよ。

こうした産み分けに関連しての相談を受けてくれる産婦人科はニホン全国にいっぱい有ります。

産み分けに定評がある産婦人科のリストを出しているサイトもありますので調べてみても良いですね。

産婦人科医によって産み分けに関連しての考え方は異なります。

もし少しばかりでもあなたに産み分けにかんする知識が有るのであるのなら、事前に電話やeメイルをしてどういう指導がおこなわれるのか聞いてみてもいいかも知れませんね。

産婦人科に行く時機ですが、排卵日を予測した場合いう事にもなるかも知れませんので月経が始まった日から数えて10日前後にした場合良いやうです。

先ほど保険適用外と書きましたよね。

ですので全額自己負担になりますので、事前にお価値等も聞いておいた方が良いかも知れませんよ。

あなたに合った良い産婦人科が見つかります様に頑張って下さいね。

産み分け方法【食事】

男女の産み分けに関連しては、病院で行なう物ばっかりではありません。

昔からお食事で産み分けをおこなうという方式が伝えられてきたと言います。

男性や女の人のボディーをアルカリ性に傾かせたり酸性に傾かせたりするのをお食事によって行ない、結論的に産み分けをおこなうという方式になります。

例えば男児の産み分けをしたケースではですが、肉や魚を中心としたお食事を男性側が行ない、女の人側がサラダ等野菜中心のお食事をおこなうという方式、女の子のケースでははこの逆になるという物です。

でも現実ににこうした方式は効力があるのでしょうか。

ちょっと不安な感じがしますよね。

人間のボディーは健康に保つ為に恒常性という特性を持っています。

これによって体温、血圧、PH(これがアルカリ性や酸性を指します)を一定に保ってくれるのです。

これによって一定グレードはお食事をしてもPH自体が酸性かアルカリ性に傾くというのはあまり考えられません。

お食事でPHを傾かせようと必死になるとボディーのバランスが崩れて健康に害を及ぼす見込みも考えられます。

妊娠をおこなう時の理想は男女とも健康である事が一番望ましい事だとおもいます。

日々のお食事は出来ることならバランスよく、PHを傾かせない様なお食事をおこなうことが望ましいのです。

それならばお食事によって産み分けはしちゃいけないのかという事になります。

長期的なスパンでボディーのPHをどちらかに傾かせるのはおススメしませんが、一時的であるのなら有効なのじゃないかとおもいます。

例えば性交渉の前のお食事でニンニクを食してテンションやボディーを盛り上げるという物です。

これだと絶対ではありませんが多かれ少なかれの効力は望めるのではないでしょうか。