産み分け

二人目は産み分けたい?

お子さんを持つとしたら性別で産み分けをしたいとおもいますか?赤ちゃんの性別自体は受精した瞬間に決まりますが、私たちが分かるのは大体5ヵ月を通り越したあたりなんじゃないかと言われています。

5ヵ月位になると胎動も感じ始めてくるでしょうし、腹部も目立つ様になってきます

検診の時に産婦人科医に性別を教えてもらえる位に成長しているのです

問題を抱えていない夫婦のケースでは、どっちの性別があったら嬉しいなという事は有ってもどちらでも健康に産まれてきてくれれば良いとして、第一子の産み分けをおこなう夫婦はわずかとおもいます。

もし産み分けを考えるとするならば二人目将来の方が沢山とおもうのです。

一人目が女の子だったから跡取りがあったら嬉しいので男児があったら嬉しいとか、女の子の方が将来的に味方になってくれるとか色々有ります。

現に産婦人科等で産み分けを指導するケースでは、本質的には一回以上出産経験がある方と言いますから必然的に病院では第二子以後じゃないと産み分けを受け付けてくれないという事になります。

当然遺伝的な箇所で手法が無いケースではは第一子であろうと産み分けは手法が有りませんが、やっぱり自然な経緯で性別問わず妊娠、出産するのが自然の節理という物ではないでしょうか。

まぁ病院じゃなくっても産み分けの方式は確率はともかく色々有りますよね。

それを試してみるのも良いんじゃないでしょうか。

もし二人目を望んでいて、性別で産み分けたいと考えているのであるのなら挑戦しても良いとおもいますよ。

産み分けの費用はどの位なのでしょうか

産み分けをおこなうにあたって心配なのが費用の面ではないでしょうか。

不妊治療のケースでははかなり費用がかかりますのできっと高いんじゃないかと感じ取れるかも知れませんが、実は2000円以内で出来ちゃうという人がかなり沢山のです。

産み分けにかんする雑誌や本をオーダーしたケースではの費用がダントツだやうです。

インターネットを使えば0円で出来ちゃうかも知れませんね。

コーヒーを使ったり体位を変えたり、排卵日を予測したりする産み分け方式ならお金もかかりませんね。

但し、ゼリーやサプリメント等、病院に行って実行するケースでははやはりお金がかかります。

ピンクゼリーやグリーンゼリーは3~4回分で約1万円位、リンカル等のサプリメントは1ヵ月3000円位が目安となってきますのでものすごく高い費用がかかる訳ではありませんよね。

より一層病院の診察代がかかりますので忘れない様にしましょう。

また妊娠出来なかったケースではには再度産婦人科に通う事になりますのでより一層費用はかかる事になります。

また病院代というのは違うのですが産み分けの方式で食習慣を変更するケースでは、食費が別途かかる事になるケースではもあります。

産み分けにはお金をかけようとおもえばいくらでも、逆に抑制しようとおもえばいくらでも出来ますが、少なくても基礎体温を測る婦人体温計だけはオーダーしておく様にして下さいね。

基礎体温は産み分けだけじゃなく、妊娠にかんする事にも役立ちます

自分自身のボディーのチェンジも分かる様になりますので習慣として付ける様にしましょう。

病院で産み分けの指導をしてもらいましょう

赤ちゃんの産み分けをおこなう為に産婦人科等の病院に行って指導を受ける事が有ります。

現実にに病院ではどんな流れで指導がおこなわれるのか挙げてみたいとおもいます。

先ずは問診票への記入をします。

出産経験が有る方は母子手帳を持っていくと良いでしょう

また婦人科系の病気になった事が有る方はその時の様子を聴かれるとおもいますので時期や症状等、分かるスポットでメモ書きしていくと良いでしょう。

記入が終了しましたら医師と面談して問診されます。

先程書いた問診票、持参した基礎体温表に添いながら色々と必要な事を質問されます。

セックスに関連しても聴かれるとおもいますので、正直に答えましょう。

また不安に思っている事、質問したい事はこの時にきっちり聞いておきましょう。

その上で納得出来ないなら止めても良いとおもいますよ。

次は内診になります。

ボディーの健康有り様を調べます。

子宮ガンや性感染症等ですね。

そして膣、子宮、卵巣と調べたら最後に超音波を利用して排卵の確認をします。

これで卵抱の大きさを調べて排卵日を予測する様になります。

但し1回だと見極めずらいので数回調べてより正確な排卵日を特定させて行くようにしましょう。

こうして排卵日が予測出来る様になったら、いよろしいよ性交渉をいつしたら良いか、どんな方式を使ったら良いかの指導がおこなわれる様になります。

これを妊娠出来るまで続けるのです。

当然これをしたから確実に産み分け出来るかというとそういった事は有りませんが、自分自身で産み分け法を試用すると比べると確率は高いんじゃないかとおもいます。