産み分け

産み分けをする目的とは

近頃妊娠をおこなう際に産み分けをおこなう人が増加していると言います。

大抵は男児があったら嬉しい、女の子があったら嬉しいと言った漠然たる理由からではないかと考えられます。

1人目が女の子だったから2人目は男児があったら嬉しいというのは分かる様な感じがしますよね。

でも元々産み分けをおこなうお目当てというのはどんな事だったのでしょうか。

元々産み分けをおこなうお目当ては先程挙げた様な理由では有りませんでした。

伴性遺伝を回避する為の物であったと言われているのです。

「遺伝」というのは親からちびっこへと遺伝子段階で受け継がれていく物です

遺伝子の受け継がれ方は性別によってチェンジしてくると言います。

主に伴性遺伝される疾患としては、色盲、夜盲症、血友病、仮性肥大症、筋委縮症等が挙げられるやうです。

でも全てちびっこに遺伝するのではなくて性別によって遺伝する物に差が出てくると言います。

親の遺伝子に男児で発症する様な疾患が有るのであるのなら、男児じゃなくって女の子が生まれる様に産み分けをおこなう

逆に女の子が発症する様な疾患が親の遺伝子に存在したケースではは女の子じゃなくって男児が生まれる様に産み分けをおこなうというお目当てが有ったのです

かわゆい我が子を辛い目に合わせたくないという親の心理ですよね。

しかしながら産婦人科からの指導としては原則産み分けをおこなうのは第二子からという事になっているやうです。

元々のお目当てから今はちょっと軽いお目当てで産み分けがおこなわれている様ですが、元々のお目当てで産み分けをしている人も現実ににいるので、産み分けも赤ちゃんを産む際にたいせつな事柄になるとおもいます

双子を産み分けする事は出来るのでしょうか

双子は一卵性双生児と二卵性双生児とに分けられます。

前者は一つの受精卵が分裂して産まれる物で、後者は受精卵自体が二つ出来て産まれる物を指しています。

一卵性双生児は受精卵自体が一つで、成長過程で分裂して二人になる物ですので本質的には性別も血液型も容姿も似ています。

ですので男女の産み分けは不可能という事になります

二卵性双生児は受精卵が二つで違う受精卵ですので性別も血液型も違う見込みが有りますし、顔も似ていないケースが有ります。

一定グレード、女の人の排卵では一つしか卵子を作る事が出来ません。

しかしながら何らかの理由によって卵子が二つになり受精卵が二つ出来てしまうのでやはり産み分けは無理という事なってす。

排卵時に卵子の数が増加するケースとしては不妊治療として排卵誘発剤を利用した時だそうでノーマルの夫婦で不妊ではないのに排卵誘発剤を利用する事は原則的にありません

でも双子って憧れますよね。

かわゆいし嬉しい事も倍なってすのであったら嬉しいというハートも分かります

しかしながら金銭的にも体力的にも大変だというのはおもいます。

妊娠、出産には早産や貧血等トラブルが生じるケースではも有ります。

こうした事からリスクが一定グレードの出産よりあるので、万が一双子が産まれる理由が分かったとしても産み分け自体は出来ない方が良いかも知れませんね。

双子なら男女一人ずつとか女の子だけとか男児だけとか色々組み合わせは有るでしょう。

産み分け出来ることなら良いかも知れませんが、ボディーへのリスクも伴いますので把握しましょう。

産み分けするメリットとデメリット

結構方式を聞いてみると容易に取り組めそうなのが赤ちゃんの性別の産み分けです。

容易に挑戦出来るのであるのならその持つメリットとデメリットに対して知っておいた方が良いとおもいますよ。

先ずはメリットに対してですが、産み分けをおこなう事で希望している性別の赤ちゃんを授かる見込みが向上します。

もし性別による遺伝性疾患があるケースでは、それを回避出来る見込みが段階UPのです

また産み分けをおこなう事で希望する性別の赤ちゃんが産まれるかもという希望が持てますので出生率も上がる事が見込まれています。

また産み分けは奥さん一人では出来ません。

旦那さんも全面協力して努力する事で夫婦間に深い絆が出来ますし、男性側の育児に対する意識もチェンジしてきます。

何となく良い事しか無い様な産み分けですがデメリットだってきっちり存在します。

やはりデメリットとしたら産み分けは絶対達成する物ではないという事ではないでしょうか。

例え産婦人科医からの指導を仰いでいても誤りする事だって有るのです。

誤りしても手法ないねで済ませられれば良いのですが、期待が大きい程その絶望感は大きく、精神的に落ち込んでしまったりその子に愛情が感じられないと言った状況になる事も有るのです。

また産み分けそのものが心理的負荷になったり、色んな面で負担になるケースではが有るというデメリットが有るのです。

メリットやデメリットをきちんと覚えた上で赤ちゃんの産み分けに取り組んでいくといいでしょう。